大人ニキビを改善する方法!繰り返さないためのケアの仕方を伝授

大人ニキビの改善に取り組んでいる人は多いのではないでしょうか?10代に出来るニキビ対策ではケアしきれない、困った大人ニキビ。それは原因も対策も違ってくるからです。肌環境に応じたケアで、大人のニキビを根本的な部分から改善する方法を伝授します!

大人ニキビをしっかり改善するケア方法を紹介

ニキビが同じ部分に繰り返し出来てしまう……これは典型的な大人ニキビの多くある特徴です。また、思春期にできるニキビとはメカニズムも違いますし、肌環境も大きく変わっているのです。

つい、色々な化粧品などを塗り込んで、カバーしようとする大人ニキビは、いつまでたっても繰り返してニキビを作り出す土壌が出来ているかもしれません。

ニキビができたら洗顔!と考えている人は、ますますニキビを定着させる原因を作っているかも。しっかりと改善する方法は、なぜ出来るのかを知ることも大切なのです。

そんな大人ニキビをなくし、キレイで素顔も怖くない美肌を目指しましょう!

大人ニキビってどんなニキビ?

大人ニキビとは

大人になってできるニキビは、思春期のニキビとは違って皮脂が多い部分以外に、他の場所にも現れるのが特徴です。

なぜこんなところに?と思うような場所にできてしまう大人ニキビは、何度も繰り返したり、治りにくいという難点があります。主な問題は、ストレスなどで多くなる男性ホルモンの影響や、意外にも乾燥などもあげられます。

10代の頃に、ニキビとは無縁だった人も、社会に出てからニキビに悩まされるのは、思春期のように典型的な肌の皮脂量などとは全く違った原理で、ニキビができているのです。

また、普段のメイク用品との相性が悪かったり、汚れを落とせていない環境を続けることで菌の増殖を促したりしています。

思春期ニキビとの違いは?

思春期にできるニキビは、誰もが経験してきたものだと思われます。成長期にあって、ホルモンの分泌が盛んな時期には、皮脂の過剰な分泌などで主にTゾーンなどに出来るのが特徴です。

また、顔全体にニキビができることもある思春期ニキビは、成長ホルモンだけでなく性ホルモンも活発になることから、ホルモンの量によっては、はあまりできない人もいます。

触りすぎないなど、痕が残らないように過ごすことでこの時期を終えることができます。

大人ニキビの改善【自分でできる方法】

毎日のスキンケアで清潔な肌を心掛ける

実は多いといわれている乾燥からくる大人ニキビ。ニキビができてしまったから、いつもより洗顔の回数や、洗顔方法をを過剰にしてしまってはいませんか?ニキビは皮脂の多さから出来るものだと思っている人は、その考えを少し変えてみた方がいいかもしれません。

大人になると皮脂の分泌も落ち着いてくることで、乾燥が進むことになります。角質層で水分を保持し、潤いを保ってバリア機能を働かせていますが、この機能が低下すると水分の保持量やバリア機能が低下して、角栓などが詰まってしまう原因に。

清潔できちんと自分の肌環境に適応したスキンケアが必要です。主な原因になるアクネ菌を退治する成分を含んだスキンケアを有効に使うことで、ニキビ肌を改善することができます。

大人ニキビに適した化粧品を選ぶ

大人ニキビは、肌の保護機能が低下したり、角質の乱れによってターンオーバーが正常に働いていない環境で起こりやすくなります

ターンオーバーの低下は、まず第一に乾燥から起こることが多く、その原因に間違った洗顔方法があげられます。また、ストレス、偏った食生活、紫外線、寝不足などと、原因はあらゆるところに存在しています。

そんな大人ニキビを改善させるには、まず保湿を見直してみましょう。若いころと違って、皮脂を取り去っても解決しない大人ニキビは、たっぷりと保湿することが大切です。

特にセラミドなどで角質の保護をしてあげましょう。中でも保湿をしながらアクネ菌を退治できるニキビ専用の化粧品は、肌の状態を改善できるお助けアイテムです。

食べ物で肌のターンオーバーを促進

ニキビを改善するためにも、体内からの改善も必要です。キレイな肌は、食べ物の力も大きな作用を働かせます。食生活に偏りのある人は肌に必要な栄養素が不足気味なので、どんな栄養素を取り込むべきかをしっかりと考えて、食べ物にも気を付けていきましょう。

肌のターンオーバーを改善したり、過剰な皮脂の分泌を抑えるなどの効果のある栄養素をご紹介します。是非取り込んでいきましょう。

【肌に良い食べ物】

ビタミンA

肌のターンオーバーを促し、うるおいを保つ。

にんじん、ホウレンソウ、うなぎ、レバー等

ビタミンB2

皮脂の分泌を抑制する。

卵、乳製品、レバー等

ビタミンB6

新陳代謝を促す。皮脂の分泌を正常化する。

まぐろ、かつお、鶏ササミ等

ビタミンC

コラーゲン生成、メラニンの抑制、抗酸化作用がある。

レモンや緑黄色野菜に多く含まれる

ビタミンE

血液の循環を改善する。抗酸化作用に優れている。

レバー、うなぎ、緑黄色野菜等

カルシウム

チーズなどの乳製品にい良く含まれる

マグネシウム

穀物、昆布等

亜鉛

牡蠣、ナッツ類等

コラーゲン

キレイな肌を作る元になる

肉類や鳥皮などに含まれるのプルプルした部分。すっぽん等

食物繊維

便秘解消や脂質代謝の調整。

サツマイモなどのイモ類。ごぼうやキノコ等

【肌に良くない食べ物】

甘いものの中でもチョコレートなどが肌環境に悪いとされていますが、確かな根拠はありません。ただ、動物性脂肪や糖質を過剰に摂取すると血液の流れが悪くなる可能性があります。血液循環が悪くなると栄養素を体の隅々まで届けることができなくなるために、肌に良いとは言えないようです。

脂分の多い食事、特に外食やファストフードを多く摂取すると、体内の酸化が進みます。質の悪い油だとなおさら体に悪い影響を与えます。内臓での消化によるエネルギーを多く使うことも考えられ、肌の再生機能に優先して使いたいエネルギーを奪われてしまうので要注意です。

コーヒーが好きで良く飲む人は、少し控えめにしてみましょう。カフェインにはビタミン

の吸収を妨げる作用があります。このためにターンオーバーが遅れてしまうので注意が必要です。

また、冷えた飲み物も体内や内臓を冷やすことで、代謝を悪くしてしまうので冷たい飲み物も控えるようにしましょう。

良質な睡眠で寝ている間に肌を改善

睡眠は肌環境にとても大きく影響しています。睡眠中に傷んだ肌を修復し、古い角質を前面に押し出し落ちやすくし、新しい細胞を作り出してくれます。これらの一連の流れがターンオーバーです。睡眠が乱れるとこのターンオーバーが正しく機能しなくなります。

大人ニキビが出来ている状態はこのターンオーバーも機能していないことが多く、睡眠の重要性を認識して、しっかりと睡眠をとるようにしましょう。

また、睡眠状態に入ってから3~4時間で成長ホルモンが分泌されます。このためにも、一定の睡眠時間を確保できるようにしていきたいものです。

 

適度な運動で代謝UP&ストレス解消

ニキビに大きく作用する、新陳代謝。これが年齢や生活環境で低下してくると、ニキビが発生する原因にもなります。新陳代謝を上げるためにも適度な運動が効果的です。

運動によって汗腺と皮脂線が広がって、老廃物が排出されます。皮脂腺や汗腺に詰まった汚れが運動によって自然に外部に排出されるので、予防にはとてもいい効果があります。

また、血行の改善で肌だけでなく、体の代謝が上がるために体内の再生が促されます。ニキビケアにも有効な適度な運動は、抱えやすいストレスを半減する効果も。ストレスによるニキビの悪影響は、冷えを引き起こしたり睡眠を妨害したりと、日常に大きく関係してしまいます。軽いヨガなどの運動でも非常に効果があるので取り入れてみてください。

日焼け対策でニキビの悪化を防ぐ

紫外線対策が必要だという事は、みなさんがすでにご存じの事です。しかし、それがどれほどニキビに影響しているかまではご存じないかと思われます。

紫外線を浴びた肌は、角質が反応してダメージから肌を守ろうとします。反応して硬くなった角質はターンオーバーを乱してしまいます。日に灼けた分のダメージを守るために、しっかりと保護機能を働かしてしまった角質は硬くなり、古い角質を落とすこともできなくなります。そして毛穴が詰まってしまうのです。

また、すでに出来てしまっているニキビを悪化させたり、ニキビ跡を残してしまったりと、紫外線が肌に良いことは一つもないのが現実です。

しっかりと紫外線の対策をすることも、ニキビ肌から脱却する近道です。

大人ニキビの改善【皮膚科での治療】

皮膚科でのニキビ治療

大人ニキビは肌環境によるものが多く、不規則な生活や食生活、ストレスなど原因はそれぞれです。これといった原因を特定させるのも難しいものです。

一定の周期で大人ニキビが発生する場合には、女性ホルモンの影響や乱れで繰り返している場合もあります。特に生理の周期にも関係している場合も多いでしょう。

そんな大人ニキビを治していくためには、皮膚科を受診するのも選択肢の一つです。皮膚科で今の状態を確認してもらい、抗菌剤や皮膚保護の軟膏、飲み薬などでの必要な薬を処方してもらえます。

軟膏には、毛穴を閉じる原因になっているものを排出する効果のあるアダパレン、過酸化ベンゾイルなど。アクネ菌や化膿に進みそうな場合にはクリンダマイシン、ナジフロキサシンなどの抗生物質が処方されます。

化膿の状態によっては飲み薬で対応することもあるでしょう。まずは自分で勝手に判断しないことが、跡を残さずに治すポイントです。

美容皮膚科でのニキビ治療

すでに大人ニキビでの痕が残っている場合や、繰り返す大人ニキビを根本から治療する目的で訪れる人が多いようです。特にニキビ跡がコンプレックスになっている場合などは、ピーリングやレーザーなどが効果的です。

一人ひとりの肌の状態を見極め、ピーリングやレーザーなどと、飲み薬や塗り薬を併用して、新しくキレイな肌の環境を作り出していきます。

ニキビによっても種類が様々あるので、自分の状態がどれに当るのかで治療方法が変わってきます。治療するだけでなく今後の肌をキレイに整える設備があるため、凸凹になった肌の悩みを解消できるのは、最新の医療機器が専門に揃っている美容皮膚科です。

お試しなどの設定がある場合には、数千円でトライすることが可能ですので、色々なクリニックを調べてみるのもいいかもしれません。ただ、根本治療だけでなくこれまでのニキビ跡やクレーターの改善のような規模になると、期間も数か月かかったり金額も20万円ほどかかる場合が多いようです。しかし、美容皮膚科でしかできない治療ですので、これに悩んで消極的な生活を送らざるを得ない人には朗報かもしれません。是非無料のカウンセリングを受けてみてください。

大人ニキビの種類を知っておこう

白ニキビ

見た目がぷっくりと白い点になる白ニキビ。これは、毛穴に皮脂などの油分が詰まってしまい、毛穴の皮膚が盛り上がって白く見える状態です。

閉鎖面皰(へいさめんぽう)とも呼ばれ、ニキビとしては初期の段階です。原因は皮脂の詰まりと判明しているので、対処方法さえ間違えなければ比較的治しやすい状態です。

よくやりがちなのが、指で押し出そうとする行為。これはやめておきましょう。悪化するだけでなく、その際にばい菌が入り込んでニキビを悪化してしまう恐れがあります。

白ニキビは、角栓詰まりを起こすことで起こりますが、原因は男性ホルモンに関係しています。女性にも少量の男性ホルモンが存在していて、この男性ホルモン量が増加することで毛穴が収縮して角栓が詰まるという現象が起こります。

男性ホルモンには皮脂を増加させ、バリア機能を低下させる要素があり、ニキビが悪化することに繋がります。このホルモンのバランスをコントロールするのも改善につながります。

皮膚科などでは、すでに出来ている白ニキビに清潔な状態で針で穴を開け、中の不要物質を排除してもらうと、比較的すぐに改善できます。

黒ニキビ

皮膚の表面に、ホクロのように小さな点が出現してしまう黒ニキビ。この黒い点に悩まされる女性は多いものです。白ニキビよりも気になる状態の黒ニキビは、毛穴が際だって見えるためにメイクで隠そうとする女性も多いのではないでしょうか。

そんな黒ニキビは非炎症性皮疹と呼ばれる状態にあります。しかし実は白ニキビと同じ初期状態のニキビなのです。ではどう違うのでしょうか。

白ニキビは皮脂分泌が進み、詰まってしまうことで起こります。その状態から角化物質や脂肪酸、さらにアクネ菌が充満することで、毛穴の容量を超えてしまいます。そして収まりきらなくなった部分が表面に飛び出すことになり、この部分が空気に触れることで酸化し、黒く変色してしまうのです。色が黒くなることでとても目立つ黒ニキビは、白ニキビの第二段階とも言えるでしょう。

皮膚科での一般的な治療方法は、白ニキビと同じです。しかし、もっと根本的に肌環境を改善するためには、毛穴の詰まりを取り去るディフィリンゲルやピーリング効果があるサリチル酸ワセリンといった外用薬による治療やビタミン療法も有効的です。

赤ニキビ

ニキビが進んでしまい、炎症を起こしてしまった状態になったのが赤ニキビ。この赤ニキビの自己治療で痕が残ったりすることになるので、皮膚科などで適切な薬品を使う方が望ましいです。

毛穴の中ですでにアクネ菌が増殖してしまっています。それによってリパーゼという脂肪分解酵素が放出され皮脂を遊離脂肪酸に分解してしまいます。遊離脂肪酸には炎症を促進させる特徴があることで、放置すると赤く炎症を起こしてしまいます。酷くなると腫れあがってしまう赤ニキビは、皮膚炎だと認識して適切な治療をしていきたいものです。

炎症がひどい赤ニキビの場合には、抗生物質を使用することになります。アクアチムクリーム、ダラシンTゲルなどの外用抗生剤や、ミノマイシン錠、クラリス錠などの飲み薬を処方されることになります。

ただ、これらの抗生物質は良い菌まで排除してしまうので、根本的な肌環境を改善することにはなりません。一番はニキビが出来ないような肌作りを目指すこと。このためにもホルモンバランスなどにも気を付ける必要があります。

黄ニキビ

さらに進化したニキビです。炎症がさらに重度に悪化したのが黄ニキビ。毛穴を充満させた不要物が膿んでしまった状態です。化膿ニキビと呼ばれるのが黄ニキビです。ここまでくると、炎症そのものが真皮層にまで発達しており、跡が残る可能性が非常に高く、色素沈着やデコボコな状態を作る可能性が高くなってきまます。

この状態のニキビは、絶対に自分で内容を排除したりしてはいけません。膿を持つ状態になっている黄ニキビは、痛みを伴っているはずです。この痛みは、アクネ菌にとどまらず、黄色ブドウ球菌などの菌が入り込んで増殖してしまっているので、炎症はどんどん加速することになります。

この状態になったニキビを自己治療で潰すなどしてしまうと、痕が残ったり肌が凹んだりして元に戻らない状態を作ってしまいます。

まず皮膚科などの専門医に診せ、炎症を止めてもらいましょう。すでに膿が充満している状態なので、強力な抗生物質であるテトラサイクリン、エリスロマイシンなどが用いられることになります。

自分で処理しがちなニキビでも、後々後悔しないためにも専門家に診てもらうことが一番の解決策です。

ニキビ跡

ニキビ跡のケアは今後の肌環境のためにも大切です。ニキビを作らないようにするためには、肌のバリア機能など自己回復の力を正常化させていかなければ、何度も繰り返すことになります。

なんとなくシミになってしまった……こんな場合でも、肌が本来持っているターンオーバーが正しく機能すれば、ある程度は肌の新しい再生によって、少しずつ肌の表面から排除されていきます。

シミがひどい場合などは皮膚科や美容外科で、機械的な治療やハイドロキノンといった皮膚の漂白効果のある薬剤を処方されることもあります。

デコボコな肌になってしまった場合には、自己治療では難しいのが現実です。肌のターンオーバーやホルモンバランスを適正に保てるような努力と、専門医で相談することをおススメします。

部位別大人ニキビもチェック

おでこ

目立ちやすい部分のおでこですが、Tゾーンにあたるこの場所は思春期に出やすいニキビでもあります。原因は毛穴詰がつまってしまうことですが、これが悪化すると皮脂が毛穴で停滞し、アクネ菌が増殖していきます。そして炎症を起こすのがオデコニキビの特徴です。

ニキビ跡も残りやすく、手入れを細かく行いたい部分ですが、前髪などがよる当ることで、刺激とばい菌を与えやすく改善しにくい場所でもあります。

保湿のケアに気を使い、肌のバリア機能を強化することと、ひどい場合には男性ホルモンが活発化している可能性もあるので、ホルモン治療を行うと肌の状態が治まる事にもなるでしょう。

左右を問わずにどちらかに発生する頬のニキビは、雑菌によるものが多くしめられます。思い当たる人は、枕を清潔に保つようにしてみましょう。

両側に同じように発生する場合には、ホルモンバランスの乱れによることが原因かもしれません。角栓の詰まりの原因になりやすい男性ホルモンの活発化を治療する必要があります。

また、食生活や睡眠不足、極端な乾燥状態によって突然発生する場合には、初期の段階で自己処理せずに適切な薬などを使うことで、跡を残さないように改善することは可能です。

ストレスによって突如発生しやすい場所でもあるので、精神的に負担を軽くしたりリラックスする時間を持つことも大切です。

顔の中でも鼻は隠しにくく気になる場所。特によく触れてしまう場所なので、跡も残りやすく痛みを伴う経験のある人も多いのではないでしょうか。

鼻は顔の中でも皮脂量が非常に多く、毛穴が詰まり炎症を起こしやすい場所です。そうなるとこの皮脂を栄養にするアクネ菌がどんどん増殖することになります。

すでに炎症を起こしたニキビは鼻の皮膚の陥没や、毛穴が広がってしまうなどと、女性にはとても気になる症状が残ってしまいます。鼻にニキビができたと感じたら、悪化させないように早期の治療をするようにしましょう。

特に皮脂を取ろうとして洗顔を過剰にするのは厳禁です。角質が溜まりやすくなるのは乾燥が一番の原因なので、優しい洗顔と保湿に気を付けて乾燥から守ってください。

口周り

口周りのニキビも人目につきやすいので気になる場所です。鼻と違って皮脂量は多くないのですが、この辺りは産毛や髭が生える場所でもあることから、男性ホルモンの影響を受けやすい場所であることが分かります。

この場所に繰り返しニキビができるタイプの人はホルモンの乱れだと考えていいかと思われます。

過剰なストレスにさらされると交感神経優位になる男性ホルモン。この過剰の働きが活発になりニキビができやすい肌環境に変えてしまいます。また、疲労や睡眠不足、食生活や不摂生なども大きな原因になります。ストレスを感じていると自覚する場合には、その環境を変えてみることや、ゆっくりと休める時間やストレスを軽減できる入浴などで精神的に余裕を持たせるようにしましょう。アロマの効果などを常に取り入れると自然に気持ちが落ち着くなどの効果もあるので、常に自分を気遣う事も大切です。

女性ホルモンを優位に働かせるためにもリラックスや穏やかな環境を作ってみましょう。

あご

なぜかアゴの部分だけにニキビが発生するする人も多いことでしょう。そして一定の時期繰り返すのも特徴です。あごには皮脂腺が非常に多く存在しており、皮脂詰まりを起こしやすい場所です。

不用意に触ったり、化粧品でカバーしようとすることで悪化するケースが多くなります。

こんなあごニキビには、保湿ケアが大切。油分が多く出る場所だからと保湿がおろそかになると、角質層に必要な水分が届かずに、乾燥が進み肌が硬くなってしまいます。

保湿がきちんと出来ることで毛穴の詰まりを軽減することができます。また、触れることでさらに雑菌が入り込みやすくなり、悪化するので直接触れるのを避けるようにしていきましょう。

また、皮脂が原因での酸化しやすいのも炎症が起きやすくなる原因になります。抗酸化作用のあるビタミンC誘導体を含む化粧水などの使用で、酸化から守ることも必要です。

 

フェイスライン

思春期のニキビにはTゾーンの皮脂が多い場所にできるのが特徴ですが、大人ニキビになるとフェイスラインに沿ってできてしまうのも特徴です。また、治りにくく再発しやすくなるのでケアに困っている人も多くおられるのではないでしょうか。

これらの原因は大人肌になったことでの乾燥が大きなポイントです。基本的に乾燥がちな肌を、ニキビの対策として洗顔などで、過剰に必要な油分まで取り除いてしまうことが原因です。

毎日のスキンケアを見直し、角質層の保湿を徹底することで改善できることが多いでしょう。また、ホルモンバランスのによるものも考えられるために、女性ホルモンを優位に働かせる日常を送るようにしてみましょう。

背中

見えない場所で、いつの間にかブツブツがたくさん出来ていることがある背中のニキビ。

目が届かないだけでなく、ケアもしにくいのが難点です。背中の肩甲骨付近には特に皮脂腺が集まっていることから、背中がべたついたりする経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

主にはホルモンバランスの乱れによると言われています。過度のストレスや睡眠不足、食生活の乱れで、交感神経が優位となり男性ホルモンが活発になります。角質層の潤いを奪ってしまうこの男性ホルモンを低下させるににも、生活環境を見直し、女性ホルモンを優位に立たせることが秘訣です。

肩甲骨付近にある活発な皮脂腺は詰まりやすくそのまま放置してしまいがち。毎日の入浴で優しく皮脂を取り除くと同時に、手が届きにくい背中部分にもたっぷりと水分の補給と保湿を心がけてみてください。

 

お尻

実は皮脂の分泌が多い場所です。肌自体が柔らかなイメージがありますが、座る動作が多い尻は、表面が硬く厚いのが皮膚の特徴なのです。顔などの肌とはまた違った刺激を常に受けている場所になり体重を支える座るという行為は、とても肌への負担を与えています。そのために厚くなっているお尻ですが、衣類で刺激を受けやすく、蒸れることが多い場所です。詰まった毛穴にアクネ菌が発生し、蒸れることでアクネ菌が済みやすい環境を作ってしまっています。

清潔にしていても、刺激が多いお尻は、ニキビが治りにくい場所なのです。入浴で肌を柔らかくし、清潔にした後はしっかりと保湿を心がけましょう。洗剤などが残った下着も刺激が強いので、避けるようにしてみてください。

とても女性は気になる場所ですし、跡が残るのは避けたいと考える人も多いはず。こんな時は専門の皮膚科などで、適切な助言やお薬を使ってキレイに治すことも考えましょう。

自分に合った方法で大人ニキビを改善しよう

大人になってからは生活習慣やストレスで、思わぬところにニキビが発生しがちです。しかも治りにくく悪化しやすいのが特徴。

顔などのニキビは日頃の生活にも影響を与えますし、化粧で隠そうとすることでますます悪化させることになってしまいます。暴飲暴食で出来たニキビは、この食生活を見直すことで改善できますが、皮膚環境を整えていくことは即効性が出にくいもの。しかし、一番確実にニキビ肌から脱出する手段です。

自分がどのタイプなのかを見極めて、改善できる方法でニキビから解放されましょう!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です