ほうれい線になってしまう原因は日常生活の中に潜んでいる!?原因を知って対策すれば◎

ほうれい線ができる原因は、何だと思いますか?「高齢者になってからの話でしょ?」と思う人もいますが、その気の緩みが落とし穴かもしれません。日常生活の中身によっては、若くしてほうれい線ができる可能性もあります。

ほうれい線ができてしまう原因を知ろう

ほうれい線対策をするためには、ほうれい線ができてしまう原因をまず知る必要があります。でも、その原因については、一つではありません。そうすると、一つの原因に対する対策だけでなく、色々な原因に対する対策をしなくてはなりませんね。それができなければ、気づかないうちにほうれい線が現れてしまう可能性もあります。

そこで、「ほうれい線の原因」にスポットを当て、説明していきます。

笑顔は悪役?ほうれい線の原因とは?

笑顔になると、瞬間的にほうれい線が現れますよね。そのため、笑顔をつくることが原因で、ほうれい線ができると思い込んでいる人もいます。では、実際はどうなのでしょうか。

笑顔はほうれい線の原因ではない

基本的に、笑顔はほうれい線の原因にはなりません。そのため、ほうれい線ができることを恐れて笑顔をつくらないようにするというのは、コミュニケーションの観点から良くないでしょう。

笑い方によっては原因となりうる

口を横方向へ引くようにする笑い方が習慣化している場合、ほうれい線ができる可能性が高くなります。そのため、口角を上げる笑い方ができるよう心がけましょう。

筋肉の衰えは顔に容赦なくやってくる!

筋肉については、腕や足だけについているわけではありません。もちろん、顔にもついています。では、顔の筋肉が衰えるとどうなるのでしょうか?

表情筋の衰えがほうれい線につながる

顔の筋肉の一つとして、表情筋が挙げられます。この表情筋が衰えることは、ほうれい線ができる原因になってしまいます。そのため、顔のエクササイズ等によって、表情筋を鍛えていく必要がありますね。また、表情筋のトレーニングをすることは、顔のむくみの改善にもつながるため、意識して積極的にやってみましょう。

やっぱり老化はほうれい線の最大の敵

老化というのは、肌に少なからず影響を与えます。もちろん、老化の影響でシワやほうれい線ができるケースもあります。この点については、すでに多くの人が知るところですね。しかし、「老化=ほうれい線の原因」というのは、やや漠然としていますね。そこで、より具体的な点について説明します。

ハリがなくなってくると深いほうれい線ができてくる

基本的に、老化にともなってハリが失われていきます。そうなると、当然ほうれい線ができやすくなります。また、ハリが失われることによる現象はこれだけではありません。

ハリや弾力の低下は深刻

ハリや弾力がなくなってくると、ほうれい線だけでなく、他のシワやたるみ等も発生しやすくなります。そのため、ハリや弾力をしっかりと保つために、丁寧なケアをし続ける必要がありますね。

ケアの仕方は色々ありますが、重要なことは保湿です。肌を保湿することができれば、潤いがもたらされるため、ハリや弾力が保つという点で効果的です。

保湿の仕方についてですが、保湿成分配合のスキンケア商品を使用するのがお手軽です。ただし、敏感肌の方は、スキンケア商品による刺激がマイナスに作用する可能性があります。そのため、敏感肌でも使用ができるようなタイプの商品を選択しましょう。

コラーゲンの減少も原因となる

肌のみずみずしさを保つという点では、コラーゲンの働きが重要になります。そのため、コラーゲンが減少すれば、シワもできやすくなりますね。

コラーゲンというのは体内でも生み出されますが、その分だけでは、いつまでも肌のみずみずしさを保つことは難しいです。

そのため、コラーゲンを積極的に取り入れていく姿勢が大切になります。食べ物から摂取する方法もありますが、コラーゲン配合のスキンケア商品を使う方法もあります。

乾燥はシワの大敵!ほうれい線にも影響あり

乾燥肌というのはよく聞きますよね。環境によって肌が乾燥するのは不思議なことではありません。部屋の空調や、生活習慣の問題などが影響して乾燥することもあるため、気づかないうちに乾燥していたというケースがほとんどでしょう。でも、乾燥状態をそのまま放っておくと、ほうれい線の発生という点につながる可能性があります。

若くてもほうれい線ができる可能性がある

ほうれい線に関しては、高齢者になって初めて心配することだと考える人もいます。でも、乾燥が原因となり、若くしてほうれい線ができるケースというのもあるため、気をつけましょう。

乾燥を防ぐための方法は複数あります。食生活を通して豊富なビタミン群を摂取することや、スキンケア商品を使用して肌を保湿すること等、色々あります。そのため、早いうちから乾燥の問題に目を向け、適切に対策する必要があるでしょう。適切でないやり方で対策しようとしてしまうと、乾燥肌がさらに悪化することになりかねないため、十分に注意する必要があります。

日常生活のクセでもほうれい線はできる

日常生活における些細なクセ程度でも、ほうれい線の原因になります。例えば、片噛みです。食事の際に片噛みばかりしていると、顔の筋肉バランスが悪くなり、ほうれい線ができる可能性があります。そのため、食事の際には、バランスよく噛むことを意識しましょう。

また、横向きで寝るというのも良くありません。横向きで寝ると、部分的に脂肪が流れてしまうため、これが原因でほうれい線ができる可能性もあるのです。横向きで寝ることが習慣化してしまっている人もいると思いますが、これを機に改善していきましょう。

また、頬杖をつくことが癖になっている人がいますが、頬杖をつくことも、ほうれい線ができる原因になります。なぜなら、頬がたるんでしまうからです。そのため、できるだけしないように心がけましょう。

骨格のせいでほうれい線ができやすい?

骨格の問題でほうれい線ができるということについて、知っている人はあまりいませんよね。そこで、その点を見ていきます。

骨格によってはほうれい線がどうしてもできやすい人がいる

骨格のタイプについては色々種類がありますが、頬骨がとても高かったり、丸顔であったりする人は、ほうれい線ができるリスクが高いです。また、この他にも、ほうれい線ができやすい骨格というのはあります。「骨格の問題はどうしようもない!」と思い込んでいる人もいますが、そんなことはありません。骨格矯正という手段があります。骨格矯正を行っている医療機関はたくさんあるため、良いと感じたところに行ってみるといいでしょう。骨格矯正ともなるとセルフで対応することは難しいため、多少はコストをかけ、その手の専門家に対応してもらうことが望ましいでしょう。

できる原因を知っておけば、ほうれい線も怖くない!

このように、ほうれい線ができる原因は一つや二つではありません。たくさんあります。そのため、多くの人が、早いうちにほうれい線ができるリスクを抱えていることになります。そう考えると少し憂鬱になってしまうかもしれませんね。

しかし、ほうれい線ができる原因をきちんと理解していれば、対策をすることができます。そのため、適切なやり方によって万全な対策ができれば、ほうれい線を恐れる必要はないということですね!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です